ボスの倒し方

ピサロのてさき+おおめだま

先におおめだまを倒しておこう。ライアンの物理攻撃で苦戦することなく倒せると思います。

カメレオンマン+あばれこまいぬ×2

あばれこまいぬ×2を優先的に倒しておこう。アリーナは物理攻撃、クリフトは回復役or攻撃役、ブライは「ヒャド」で攻撃しよう。

バルザック

最初のターンに、「せいじゅくのたま」を使用しましょう。これで、相手は魔法が使用できなくなります。「ルカ二」を使用し防御力を下げたら、物理攻撃で攻めよう。
相手の物理攻撃によるダメージが大きいので、HPの回復を怠らずに。なお、途中で「せいじゅくのたま」の効果が切れたら、再度使用するように。

キングレオ(1回目)

倒すことはできないので負けてしまいましょう。

うらぎりこぞう×2+きゅうけつ×2

主人公1人で戦うことになる。装備品を万全(はがねのつるぎ+鉄のよろい+鉄のたてなど)に整え、ある程度Lvを上げておけば苦戦する相手ではありません。うらぎりこぞうを優先的に倒していこう。

とうだいタイガー+ほのおのせんし×2

「ラリホー」が効きやすいです。ほのおのせんし×2を優先的に倒してしまおう。どちらも物理攻撃で攻めれば問題ありません。とうだいタイガーには「ルカ二」も有効です。

キングレオ(2回目)

今までのボスとは桁違いに強いです。パーティは、主人公・アリーナ・クリフト・マーニャがお勧めです。まず、「スクルト」で味方全員の防御力を高めます。
キングレオは防御力も高いので、「ルカニ」で守備力を下げるように。マーニャは「メラミ」で攻撃するのが有効だ。現時点で「こごえるふぶき」を軽減できる魔法は覚えていないと思うので、くらったら回復を優先させるように。

バルザック

キングレオ戦とほぼ同様の戦略で構いません。

とうぞくバコタ

攻撃力が高いので、「スクルト」で守備力を高めておこう。「ヒャダルコ」を使用してきますが、「マホトーン」で呪文を封じこめれば問題ありません。

ピサロナイト

最初のターンに「スクルト」を唱えておこう。「せいじゅくのたま」を使用してきますが、特に気にする必要はありません。

エスターク

かなりの強敵です。パーティは、主人公・アリーナ・クリフト・ミネアがお勧めです。クリフトは「スクルト」、ミネアは「フバーハ」を使用します。主人公とアリーナはひたすら物理攻撃で攻める。
回復が追いつかなくなってきたら、主人公も回復に専念すること。「いてつくはどう」を使用してきたら、再度、同じことの繰り返し。相手の攻撃パターンは固定されているので、タイミングを見計らって攻略すれば、そう簡単に全滅することはありません。

アンドレアル×3

1体ずつ倒すと仲間を呼ばれるので、「ギガデイン」や「マヒャド」といった全体攻撃で攻めよう。

ギガデーモン

物理攻撃が強力で、「ルカナン」も使用してきます。基本的に物理攻撃しかしてこないので、「スクルト」で守備力を上げてから、全員で総攻撃すれば問題無いです。

ヘルバトラー

「イオナズン」や「はげしいほのお」といった強力な攻撃を仕掛けてきます。最初のターンに、「フバーハ」を唱えておこう。あとは物理攻撃でひたすら攻撃すればOK。「ギガデイン」で攻めるのも有効。

エビルプリースト+スモールグール×3

「マホカンタ」がかかっているので、魔法で攻めるのは厳禁です。「バギクロス」や「マヒャド」といった強力な呪文を唱えてきますが、息攻撃は一切使用してこないので、「フバーハ」を使用する必要はありません。
「ベホマラー」でHPを回復しつつ、物理攻撃で攻めよう。なお、スモールグール×3は先に倒しておくこと。

デスピサロ(第1~第2形態)

直接攻撃が強力です。「スクルト」や「ピオリム」などでこちらを有利にしてから、物理攻撃で攻めよう。

デスピサロ(第3形態)

直接攻撃に加え、「あまいいき」、「ベギラマ」、「スクルト」などを使用してきます。「あまいいき」がかなり厄介なので、くらったらすぐに「ザメハ」を唱えること。「スクルト」には、「ルカニ」で対抗すればOK。

デスピサロ(第4形態)

「はげしいほのお」に加え、「いてつくはどう」も使用してくる。補助呪文は「フバーハ」のみ使用するように。

デスピサロ(第5形態)

第4戦と同じ方法で構いません。

デスピサロ(第6形態)

第4戦と同じ方法で構いません。

デスピサロ(最終形態)

「マホカンタ」がかかっているので魔法で攻めないように。「いてつくはどう」を使用してくるので、補助呪文(フバーハは例外)は一切使用しないようにすること。
基本的に物理攻撃で攻めればOKです。回復は、「ベホマラー」や「ベホマズン」で補おう。これらの魔法は消費MPが高いので、MPが底をついてきたら、「いのりのゆびわ」を使用して回復させておこう。

エッグラ+チキーラ

エッグラの、「しゃくねつのほのお」と「つめたくかがやくいき」がかなり強力なので、最初のターンに「フバーハ」は必ず唱えておくように。「いてつくはどう」を使ってきたら再度使用すること。
主人公は「ギガデイン」をひたすら使用し、アリーナは直接攻撃でエッグラを攻撃。他のキャラは回復に専念しよう。エッグラを倒してしまえば、戦闘がかなり楽になります。
ちなみに、チキーラは「いてくつはどう」を使用しないので、エッグラを倒してしまえば、補助呪文(バイキルトやスクルト)を大いに活用して構いません。

エビルプリースト(第1形態)

「しゃくねつの炎」がかなり強力なので、「フバーハ」を唱えておくこと。主人公は「ギガソード」、ピサロとアリーナは物理攻撃で攻めよう。なお、第1形態は「ラリホーマ」が効きやすいです。

エビルプリースト(第2形態)

第1戦と同様。

エビルプリースト(第3形態)

「けんじゃのいし」や「ベホマラー」でHPを回復しつつ、主人公の「ギガソード」や物理攻撃でひたすら攻めよう。
「フバーハ」は必ず唱えておくこと。現時点でMPが底をついてきたら、「いのりのゆびわ」を使用してMPを回復しておこう。

エビルプリースト(最終形態)

「しゃくねつの炎」、「つめたくかがやくいき」、「マダンテ」といった超強力な攻撃を仕掛けてきます。「フバーハ」を唱えたら、主人公は「ギガソード」、ピサロ・アリーナは物理攻撃、ミネアは「けんじゃのいし」をひたすら使用。
なお、「けんじゃのいし」だけでは回復が追いつかないので、「ベホマラー」や「ベホマズン」も活用するように。最終形態戦までは、MPを消費しすぎないよう注意。

ボスの倒し方” に対して2件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    5章キングレオ戦ではクリフトの代わりにミネアが良いかと。
    クリフトは加入直後のボス戦となるのでエンカ率が下がったリメイク版ではレベルが14に満たないため、意図的にレベルを上げない限りベホイミはもちろんスクルトの習得が間に合わない。
    ミネアならば加入直後からメタルスライム出現地域のコナンベリー(夜)周辺~大灯台を経由、灯台タイガーの経験値&その後の雑魚戦でも経験値が得られるためクリフト加入時点ではレベルが数段上。
    更にキングレオ戦から時の砂&タロットを用いて星のカードや力のカードを引くことが可能になるのでクリフトにできない事を多くこなし、パーティ全員のレベルの底上げも可能です。

    1. 管理人(アメット) より:

      情報ありがとうございます!
      助かりますm(_ _)m


コメントを書く
(情報提供、雑談、議論等)

・コメント以外の入力は任意です。
・ネチケットを遵守していれば基本的に何を書き込んでもOKです。

前の記事

序章

次の記事

移民の町